川尻総社神社例祭(宵宮)

2017年5月18日
5月は神田祭、浅草三社祭(ともに東京都)や博多どんたく(福岡)など、大きな祭りが全国各地で行われる。
ここ秋田においては大きな規模の祭りはないものの、神社の春季例祭とそれに伴う行事が数々開かれており、爽やかな春(というか初夏)を彩っている。
事実、5月に入って取り上げたのは新山神社祭典と地口絵灯籠祭り(勝平神社例祭)ということで、2つとも神社のお祭りだった。
そして今回取り上げるのも同様に神社のお祭りである。
“川尻総社神社例祭(宵宮)” の続きを読む

勝平神社地口絵灯籠祭り

2017年5月12日
今回は秋田市内、それも市街地ど真ん中で行われる祭りに出かけた。
祭りといってもお神輿や山車が出る訳ではないし、「ジョヤサ!!」と叫ぶ若衆がいる訳でもない、地口と戯画が描かれた絵灯籠を神社境内に飾るお祭りである。
「勝平神社地口絵灯籠祭り(かつひらじんじゃじぐちえどうろうまつり)」
秋田市民でどれぐらいの方が知っているのだろうか。
そもそも勝平神社がどこにあるか知らない方が大半だろう。
“勝平神社地口絵灯籠祭り” の続きを読む

新山神社祭典・石脇神楽

2017年5月3日
3月まではコンスタントに祭り・行事に足を運んでいたものの、4月は訪問数ゼロとなってしまった。
湯沢市岩崎地区の「岩崎鹿島祭り」
鹿島様を作る過程を記録した、湯沢市制作のDVDを秋田県立図書館で3巻全部鑑賞しておきながら、結局4/9・16日の本番に行くことはなかった。
祭りといっても、鹿島様を3時間半に渡って作るという作業風景を記事にまとめきる自信が湧いてこなかった。
“新山神社祭典・石脇神楽” の続きを読む

掛魚まつり

2017年2月4日
数多くの行事に足を運んだ1月が終わったが、2月になると1月を超える数の行事・祭りが待っている。
その先頭を切るのは「伝統の奇祭」として知られる、にかほ市の掛魚(かけよ)まつり
管理人が考える秋田の三大奇祭の一つ(他2つは男鹿市・潟上市の東湖八坂神社トウニン行事と、美郷町の六郷カマクラ行事 竹打ち)であり、同じく管理人が考えるにかほ市の三大奇祭の一つ(他2つは諏訪神社の酒飲み占いと、上郷の小正月行事 嫁つつき)でもある。※「三大○○」と名前を付けりゃあいいってもんじゃない、という指摘はごもっともです。。。
“掛魚まつり” の続きを読む