大曲の綱引き

2017年2月15日
2月10~12日にかけて連日祭り・行事を鑑賞したが、小正月行事ラッシュはまだまだ続く。
13・14日は角館の火振りかまくら、11~15日は六郷のカマクラ行事(クライマックスである「竹打ち」が15日に行われた)、14~16日は横手のかまくら、17日は旭岡山神社梵天奉納祭といった具合である。
毎日何かしらの行事・祭りが行われているといっても過言ではない。
こんな時期に仕事が終わって家に直帰とか有り得ん、とばかりに大仙市の行事を見に行った。
それが今回訪問した「大曲の綱引き」である。
“大曲の綱引き” の続きを読む

楢山のカマクラ行事

2017年2月12日
一昨日は刈和野の大綱引き、昨日はなまはげ柴灯祭りと続いてさすがに疲れが出ている。
たくさんの人並みにもまれてきたし、雪道の移動も結構大変だった。
だが今は行事ラッシュの小正月、今日はひっそりと慎ましく行われる行事を見たい、それもすぐ近所で!
「そんなに都合よくお前のワガママに合わせた行事なんかあるもんか!」という声が聞こえてきそうだが、あるんです。この時期の秋田には
それが今回訪問した「楢山のカマクラ行事」である。
“楢山のカマクラ行事” の続きを読む

なまはげ柴灯祭り

2017年2月11日
ここ秋田ではいよいよ冬の祭り・行事が盛んに行われている。
特に2月11日(土)・12日(日)の両日は劇的なほど行事が集中する。
規模の大きいところでは大館市の「アメッコ市」、湯沢市の「犬っこまつり」
近年そのフォトジェニックさが人気を集めている大仙市大曲の「川を渡るぼんでん」
知る人ぞ知る真冬の奇祭、仙北市西木町の「中里のカンデッコ上げ」
同じく仙北市西木町の「松葉・相内の裸参り」(ふんどし一丁の若者が凍てつく桧木内川で身を清めるって寒すぎるだろ)
字面だけでは中身が全く分からない仙北市田沢湖町の「なろか」などなど
“なまはげ柴灯祭り” の続きを読む

大保のカマクラ行事

2017年2月5日
その出会いは突然だった‥
などとトレンディドラマ風の書き出しになってしまったが、本当にそうなのだ。
この日は11時から長太郎稲荷神社の初午梵天を鑑賞
12時に行事が終わり、あとは帰路につくだけとなり、大仙市大曲を抜けて国道13号線に乗って帰ろうと車を走らせていたときのこと
旧大雄村から旧大曲市に入り、角間川あたりを抜けたところで不意に写真のような光景が飛び込んできた。
“大保のカマクラ行事” の続きを読む

長太郎稲荷神社の初午梵天

2017年2月5日
1月2月とたくさんの行事を回って歩いた。
我ながら「あちこち回ったなあ」と思うが、この先の2月の小正月行事大ラッシュを数々回ってこれで冬の行事を大体押さえたな‥などと言うのは、秋田の行事の何たるかを知らないおバカさんの戯言である。
冬の秋田を代表するあの行事が全く登場していない。
そう。それは「梵天行事」!!
“長太郎稲荷神社の初午梵天” の続きを読む

掛魚まつり

2017年2月4日
数多くの行事に足を運んだ1月が終わったが、2月になると1月を超える数の行事・祭りが待っている。
その先頭を切るのは「伝統の奇祭」として知られる、にかほ市の掛魚(かけよ)まつり
管理人が考える秋田の三大奇祭の一つ(他2つは男鹿市・潟上市の東湖八坂神社トウニン行事と、美郷町の六郷カマクラ行事 竹打ち)であり、同じく管理人が考えるにかほ市の三大奇祭の一つ(他2つは諏訪神社の酒飲み占いと、上郷の小正月行事 嫁つつき)でもある。※「三大○○」と名前を付けりゃあいいってもんじゃない、という指摘はごもっともです。。。
“掛魚まつり” の続きを読む

岩玉神社の山車

2017年1月28日
昨年11月30日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が日本の18府県33件の「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録すること決めたのは記憶に新しい。
秋田からは「角館祭りのやま行事」、「土崎神明社祭の曳山行事」、「花輪祭の屋台行事」の3件が登録、1月15日には鹿角市民俗芸能フェスティバルにその3つの行事が集結し、無形文化遺産登録を祝うとともに賑やかな祭囃子を披露した。
ということで今、山・鉾・屋台といった山車行事が来てるのだ。
“岩玉神社の山車” の続きを読む

秋田万歳

2017年1月28日
年明けから半月ほどの間、秋田県内各地で数々の小正月行事が行われた。
特に、1月15日は例年たくさんの行事が行われるが、今年は日曜日ということもあり倍増と言っていいぐらい多くの行事が行われた(管理人は所用のため、その日行事鑑賞はできなかった)。
が、15日を過ぎると2月に入るまでの少しの間、祭り・行事の開催数はグッと減って小休止状態となる。
そんな最中の1月28日、秋田市中心地で管理人が興味を惹かれたある催しが開かれた。
“秋田万歳” の続きを読む

寺沢の悪魔はらい

2017年1月14日
大晦日の男鹿のナマハゲに始まり、年が明けて遊佐町のアマハゲと来て、今回も来訪神行事にお邪魔した。
秋田市雄和 寺沢集落の悪魔はらいである。
まさに、来訪神行事のラッシュなのだ。
冬のこの時期にしか見れないし、稲 雄次さんの著書「ナマハゲ」を読んで多少なりとも理解が深まったこともあり来訪神行事を可能な限り見てみよう、と決めてのことだった。
“寺沢の悪魔はらい” の続きを読む

二井山湯殿山神社裸参り お柴灯

2017年1月7日
正月も終わり、世間は完全に通常モードに戻っている。
管理人も平日は働いているのでその点は同じなのだが、これから当地秋田では小正月行事を始めとした祭り・行事が目白押しとなり、いやが上にも心が沸き立つ。
そして今回足を運んだのは横手市雄物川町の「二井山湯殿山神社裸参り」
タイトルの後ろに「お柴灯」とつけたのは「秋田の祭り・行事」にそう書いてあったから、というだけで管理人自身よく意味を分かっていない。
“二井山湯殿山神社裸参り お柴灯” の続きを読む