丸山神社祭礼 ニンニク神さん

2018年7月3日
今回は以前から興味のあった行事におじゃました。
その名も「ニンニク神さん」。「秋田の祭り・行事」から行事の紹介文を全文抜粋したい。「江戸中期、享保の頃、前郷村肝煎の島森家に一ノ関という相撲取りが、仙台領から流れて仕事を手伝っていました。ここは水利が悪くトンネルで水を引く計画で、工事を始めました。一ノ関も恩返しにとニンニクを食べてがんばりましたが、土砂崩れで死んでしまい、供養のために神社が建てられました。祭りにはニンニクを供えて供養し、伝えられる一ノ関のまわしも飾られます。」
“丸山神社祭礼 ニンニク神さん” の続きを読む

藤巻の厄神立て

2018年6月10日
この日の午前中、秋田市新屋の鹿島祭りを鑑賞したのち、横手市大雄へ移動して鑑賞したのが今回の行事「藤巻の厄神立て」だ。
新屋の鹿島祭りでは鹿島人形を乗せた鹿島舟が町内を巡行したが、厄神立てでも鹿島人形(厄神様)が登場する。
だが、新屋のそれとは鹿島人形の姿かたちが大分に異なっていて、見上げるぐらいに巨大なのが特徴だ。
“藤巻の厄神立て” の続きを読む