小掛の鍾馗様

2020年9月6日
コロナの影響をモロに受けてしまい、8月はほとんどありとあらゆる伝統行事が中止になってしまった。
その結果、8月に鑑賞できたのは大仙市豊川東長野の東長野ささらと、秋田市雄和の萱ヶ沢番楽の2件のみ😢😢ということで、記事ネタを見つけられないもどかしさと焦りを抱えたまま、9月に突入したのだが、月替わりしたところで伝統行事が復活し始める訳もなく、ちょいちょい県内各市町村に開催情報を照会するものの「今年は中止ですね~」以外の返事を聞くことはない。
そんな中で迎えた9月最初の日曜日‥ああっ!今日はあの行事が行われる日じゃないか!!
“小掛の鍾馗様” の続きを読む

萱ヶ沢番楽

2020年8月14日
いつもの年であれば、8月中旬のこの時期はどの盆踊りに行こうかと勝手に盛り上がっているのだが、さすがに今年はそうはいかない。
コロナ禍のせいで盆踊りのみならず、県内各地のお祭りや行事の大半が中止になってしまったからだ。
「どのお祭りに行こうかな~」などと能天気に毎年頭を悩ませていたのが、今年は「どっかでやってないかな~」になってしまった訳だ。とは言いつつもさすがは伝統行事の宝庫、我が秋田県。探せば結構やってるもんなんですね~😀ということで、今回お邪魔したのが秋田市雄和の萱ヶ沢番楽です。
“萱ヶ沢番楽” の続きを読む

東長野ささら

2020年8月9日
このブログを始めて丸4年。いろんな伝統行事を見てきたなあ‥といっちょ前に感慨深い思いに浸ったりする訳だが、ちょいちょいその名を聞くものの未だ見たことのない行事がある。
ささら – 県内では主に、仙北地方と呼ばれる大仙市・仙北市の一部と、県北の米代川沿いの地域の2個所を中心に保存団体が活動を行っている伝統芸能だ。
県内では「ささら」の名称で通っているが、全国的には「三匹獅子舞」として知られており、wikiでは「関東地方を中心とした東日本に広く分布する一人立ちの三人一組からなる獅子舞であり、一人立三匹獅子舞、三頭獅子舞などと言うこともある」と紹介されている。
“東長野ささら” の続きを読む

地蔵尊祭り

2020年7月24日
前の記事「阿気本村の鹿嶋送り」で書いたように、コロナの猛威が続く今年に限っては無事に開催される行事を探す作業が必要になってしまった。
そして、今回の「地蔵尊祭り」も今夏行われた、数少ない伝統行事の一つということになる。
行事が行われるのは、管理人の実家のある横手市増田町の満福寺。因みに管理人はこれまで満福寺を訪れたことはない。
“地蔵尊祭り” の続きを読む

阿気本村の鹿嶋送り

2020年7月18日
待望の夏祭りシーズンが始まった、と言いたいところだが、コロナのせいでほとんどの行事が中止となってしまった2020年。土崎神明社の曳山行事、竿燈まつり、西馬音内の盆踊り、花輪ばやしといった大規模な行事から、七夕行事、盆踊りなど県内各地で行われる小さな行事まで、ほぼすべての行事の開催が見送られたと言っても過言ではないだろう。
とは言え、祭り・行事が一つも行われなかった訳ではなく、数は少ないながらも例年通り行われた行事もある。
今回はそのなかのひとつ横手市大雄の「阿気本村の鹿嶋送り」に出かけてみました。
“阿気本村の鹿嶋送り” の続きを読む

男鹿三山お山かけ

2020年6月21日
4月以降、猛威をふるい続けた新型コロナウィルス。
本県でも新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が発令され、当面の間外出自粛要請や、飲食店に対する休業要請が出された。
5月14日に緊急事態宣言は解除されたものの、県をまたいだ移動の自粛や、イベント参加人数の制限は継続され、決してコロナ禍から解放された訳ではない。
そんな社会状況は当ブログにも例外なく影響を与えることになり、4・5・6月は一つの伝統行事も見ることが叶わなかった。
こればかりは伝統行事が開催されるか否かに左右される訳で、自力では如何ともし難いところだが、この状況が長く続くのを指をくわえて看過するわけにもいかない。ということで、今回は行事・お祭りとは違うものの、男鹿に伝わる伝統の風習を実体験してみよう!という記事です😀
“男鹿三山お山かけ” の続きを読む

万灯火(上小阿仁村)2020

2020年3月20日
新型コロナウィルスの脅威がひたひたと迫りつつあったこの時期 - ただでさえ伝統行事の数が少ない季節なのに、当初鑑賞を予定していた大仙市神宮寺の嶽六所神社梵天、由利本荘市大内の切通稲荷神社梵天といった行事が中止に追い込まれてしまい、何処かで行われる行事はないか真剣に探す羽目になってしまった。
これはまずい。当ブログの存在意義にかかわるし、だいいち行事が見れないことでフラストレーションが溜まってしまう。
コロナのリスクは当然気にしつつも、隙あらば何処かに見に行きたいと目論んでいたところ、twitterのTLに待望の行事情報が流れてきた。上小阿仁村の「万灯火」がそれだ。
“万灯火(上小阿仁村)2020” の続きを読む

金澤八幡宮奉納梵天

2020年2月22日
小正月行事ラッシュが終わりを告げ、日に日に春の足音が近づいてくるこの時期。今回お邪魔したのは、横手市金沢の「金澤八幡宮奉納梵天」
1,2月に県南の各地で繰り広げられる梵天行事の一つで、管理人は今回初めての訪問となる。
また、当ブログに度々コメントをくださっているアックスさんの地元の行事でもあり、横手市内では旭岡山神社の梵天とならんで結構メジャーな梵天行事だと思う。
“金澤八幡宮奉納梵天” の続きを読む

松葉・相内の裸参り

2020年2月16日
今回の行事は仙北市西木町の「松葉・相内の裸参り」
何を隠そう、一週間前の2月9日に行事を見ようと現地に足を運んだところ、開催日を勘違いしていて、ものの見事に空振ってしまった因縁の行事だ。
あのときは西木町~湯沢市三関への移動を敢行、三関の大綱引きを鑑賞して、どうにか伝統行事鑑賞欲を鎮めたものの、当然ながら松葉・相内の裸参りは見られず仕舞いだったわけなので、今回はリベンジということで再び西木町を目指した。
さっきから「因縁」だの「リベンジ」だの、一人でイキっているわけだが、この裸参りにそこまで拘る理由は特にはない。
“松葉・相内の裸参り” の続きを読む

角館の火振りかまくら2020

2020年2月14日
小正月行事が盛んにおこなわれるこの時期、本来なら1年の内で最も雪深く、寒い季節でもあるのだが、今年はどうも様子が違う。
異常なほど雪が少なく、まるで3月下旬か4月上旬ぐらいの雪解け頃の様子で、良い意味でも悪い意味でも雪に備えていたのに拍子抜けの感が強い。
という訳で、去年も鑑賞した「角館の火振りかまくら」を再訪したのだが、この気候のおかげで例年とはかなり異なる行事の様子を見ることになってしまった。
“角館の火振りかまくら2020” の続きを読む